「綿密な計画」、「柔軟な修正」大事なのはどっち?

こんにちは。
まなびライフの長岡です。

新しいことにチャレンジしていますか?

大枠を掴んだら、まずは初めてみましょうよ。
ものごとを継続するためには、初めてから修正できる力の方がはるかに重要です。

飛ぶ前に考えるより、飛んだら修正

当たり前のことのようですが、飛行機には飛び立つ前から予定ルートが決まっていますよね。
でも、上空の条件によっては、必ずしも、予定ルート通りにピッタリ飛べるとは限らない事も想像がつきます。

では、正確に予定通り飛んでいるのは、どれくらい割合だと思いますか?

実は、予定通りのルートはまったく飛んでいません。
飛行機の補助翼は絶えず細かく微調整を繰り返しています。

そうやって、できるだけ予定ルートを外れないように修正して、私たちは何事もなかったかのように、目的期に到達できています。

飛行機の操縦をした事がある人は少ないと思いますが、車や自転車だってそうですよね。
道なりにまっすぐといっても、無意識のうちに微妙なハンドル操作を繰り返して、イメージ通りの安全な走行ラインをキープしています。

「新しいことを始めたい」そんな気分になることが、きっとありますよね。

独立して、自分のビジネスを起こしたい人もいるでしょう。
Instagramに興味があるので初めてみようかなという小さな事だって「新しいこと」です。

そんな時、もちろんある程度の下調べは重要です。

ところがここでいつまでも机で会議している人がいます。
まさに、机上の空論。

もう一度飛行機を想像してください。
離陸してたった5分後に吹く風でさえ、どの方向にどれくらいの強さか。完璧に予想することは不可能なのです。

思い通りなんて、ひとつも進まない

ビジネスでも、新習慣でも、なにかを計画しようとしたときに、思い通りに進むことなんてひとつもありません。

例えば、「ダイエットをしよう!」そんなことを考えたとしましょう。
(明日から頑張る?ダメダメ、今日から始めなきゃ)そんな風に思ったあなたは優秀です。
炭水化物を控えた方がいいのか、1時間程度のウォーキングをした方がいいのか、体組成計はどこのメーカーがいい?、やっぱり自己流じゃなくてジムと契約したほうがいいかしら・・

そんな日の夕方、懐かしい友だちが近くまで来たので寄ってもいい?とケーキを持って遊びに来るかもしれません。

ビジネスでも同じで、想像していたとおりに行くことなんてまずありません。

でも、計画を修正するのって、勇気が要りますよね。
できれば変えたくないという心理が働いてしまいます。
どうしてなんでしょう。

それは、きっと間違いを認めることになるからでしょうね。

想像力が足りなかったか、計画が悪かったか、知識不足だったのか、そんな風に感じてしまうものです。

アメリカの元大統領アイゼンハワーは、軍の司令官時代に「計画そのものに価値はない。計画し続けることに意味がある。」ということを言っったそうです。

100年くらい前の人ですが、言わんとしていることは、今でいうPDCAサイクルです。

PDCAサイクル

PDCAサイクル

聞いたことがある人も多いと思います。
最近はPDCAじゃ足りないっていう発展理論もありますが、僕はシンプルにPDCAを実践し続けています。

改めて、PDCAとはなにか。

  • Plan(計画)
  • Do(実行)
  • Check(評価)
  • Action(改善)

この、頭文字をとっているわけですね。

PDCAの不足やデメリットを語っている人の共通点があります。
それは、サイクルが遅すぎるということです。

とくにこの記事でお伝えしたいのは、「Do(実行)」以外に時間をかけすぎというパターン。

計画に半年、実行に移して数ヶ月、年度末に評価、来年度は改善しよう・・現代のビジネスはそんな悠長に展開しません。

大枠を捉えた長期的なPDCAももちろん重要ですが、日々のタスクでは、一日のうちに何度もPDCA回すのです。
朝一の仕事は昼には改善、夕方練り直したら、明日には改善されているというくらいのスピード感で仕事をしたいものです。

小さい修正は簡単

もう一度、飛行機のルートを思い出してみましょう。

補助翼は絶えず動いていて、予定ルートぴったりに飛べることはまったく無いと書きましたが、機体を傾けて大きく旋回することはそれほど多くないと思います。

この小さく素早い改善を繰り返すことで、実質的には「ほぼ予定通り」に見えるわけです。

このブログも含めて、今まで数千という記事を書いてきましたが、一通りできたら、投稿してしまいます。
誤字脱字の修正はもちろんですが、時間がたつと時代に合ってないとか、言い回しがわかりにくいなど、後で気付いたらすぐに修正します。

どんなビジネスでも、予定ルートを大きく外れて致命的な問題が発生してからの修正は大変です。
すぐに行動してみる事ばかり強調されることもありますが、行動したら、細かい修正を重ねることも重要です。

まとめ

アクションを起こす前に考えすぎていませんか?

ますます複雑になる現代社会で新しいことにチャレンジするには、ざっくり計画して、まずはやってみること。
そして大事なのは、綿密な計画よりも、絶えず細かい修正を試みることです。

小さなPDCAを何度も繰り返し、日々のタスクを改善しましょう。
その積み重ねが、新しいチャレンジ全体の改善に繋がります。


長岡 慶一郎

KEIICHIRO NAGAOKA

まなびライフ 代表

この記事を書いた人

最後までお読みいただきありがとうございます!
このブログでは、小さくても自分のビジネスを持ちたいと考えてる人が少しでも豊かになるような、アイディアを綴っています。

Profile Picture

まなびライフtop

Follow me!